新卒

新卒で入社して半年だけど辞めたいのは甘え?転職は難しいの?

新卒で入社してまだ半年だけど辞めたい。甘えてると思われるのかな。

と、悩んでいる方へ。半年で辞めるのは甘えではなく、貴重な20代を有効活用できる立派な選択です。後悔する前に、ぜひ行動に移してください。

私も入社して半年で辞めようか迷った経験があります。

私は現状に甘んじて行動に移せず、ずるずるとやりたくない仕事を続けてしまい後悔しています。

転職したものの、やりたい仕事への転職は未経験で始めるには遅すぎました。

私のような社会人7年目になってほしくないので、この記事を書きました。

私の経験が皆様の人生に役立てば幸いです。




新卒ですぐに辞めるのは甘えではない!貴重な20代を有効に使うべきです

新卒で入った会社を6か月以内に辞めてしまうと、

「自分に甘いのでは?」

と悩んでしまう方も多いと思います。

しかし、本当に自分に甘い人だったら、現状維持の方が楽なので何もせず今の会社に居続けることを選ぶはず。

人生の中でも貴重な20代を嫌々仕事に行くことで消費してしまうのはあまりにももったいないです。

半年で辞めれば、新卒とほぼ同じ分他の会社で経験を積むことができます。

というのも、私自身が入社半年で辞めるか否かを考えていた時に転職する勇気が持てず、やりたくない仕事をやり続け、転職もしたものの早6年嫌々仕事をすることになったからです。

あの時、半年で会社を辞めてやりたい仕事をすればよかったと今でも後悔しています。

誰だって失敗はある

コーヒー、本、花の画像

そもそも、働いた経験がないのに自分に合う仕事・会社に新卒でいきなり巡り合えていたらそれはとても運が良いです。

ふつうは初めてのことは誰だって失敗しますよね。

会社選びも同じです。新卒では会社選びに失敗してしまったけど、次回に活かせます。

長い人生のうちの成功のための失敗の一つだったと考えて新卒の会社を辞める選択は間違っていません。

新卒で1年以内に辞める割合は10人に1人だから珍しくない

新卒で入社したほかの人たちってどうしているのでしょう。

下の図を見てください。大学卒の新卒3年以内の離職率の推移です。

厚生労働省HPより

入社3年で3割の社員が辞めるのは有名な話ですが、そのうち1年以内に10%以上の人が辞めています。

10人に1人、と考えるとそれほど珍しくはありませんし、辞めた人もまた転職して仕事をしているのです。

新卒で入社した会社、1年は働くべき?それとも3年?

たくさんの時計

新卒で入った会社を辞めると親や友人に言ったら、

「1年はやってみたら?」「いや、3年は居た方が良い」

などと言われることがあると思います。
世間的に、また転職市場からの見られ方は1年・3年耐えた人とで変わるのでしょうか。

世間的な評価は半年も1年も変わらない

残念ながら半年も1年も、結局「すぐに辞めた人」という世間的な評価は変わりません。

あともう半年、今の会社で耐えるストレスと失われる時間を考えてください。そんな非生産的な時間を過ごすよりは半年で辞めて次の会社で一生懸命頑張って見返したら良いのです。

会社に入って感じてしまった強烈な違和感は1年たっても3年たっても変わりません。

半年で辞めていたら得られていた他の職種での経験をするのが遅くなってしまいます。

転職先の待遇は半年でも3年でも変わらない

もう一つ残念なことに、入社3年までは基本的に第二新卒扱いです。

したがって、転職先の企業からの待遇は半年で辞めて転職しようと3年頑張ってから転職しようとほとんど変わりません。

むしろ、新卒から半年で辞めて転職して次の会社で働き続けていたら、3年後に転職するよりもお給料が高いこともあり得ます。

新卒の会社を半年で辞める時のリスクは?

今まで述べてきた通り、新卒で半年で辞めることにはメリットもありますがもちろん、リスクもあります。

しかし、若ければリスクをとっても取り返しがつきます。

新卒半年で辞めた人は採用しない企業もあります。

しかし、関係なく新卒と同じくポテンシャル採用をしてくれる会社も星の数ほどあります。

現状、景気は悪くなく人手不足と言われている中で若い社員はどこの会社も足りていません。

タイミングを間違うと景気が悪化して転職先がなかなかみつからない、ということもありますから今はむしろチャンスでしょう。

今の会社で嫌々あと1年、あと2年働くことにもリスクがあることを考えてください。

もっと早く転職していたら得られていた経験、若手でいられる時間を捨ててしまうことはリスクです。




入社して半年でどうやって転職すればいいの?第二新卒の転職活動の方法

就職活動はしたけれど転職活動は初めての経験ですよね。
転職には2つの方法があります。

方法①転職サイトから自分で企業に応募する。

リクナビネクストやdodaといった「転職サイト」と呼ばれるサイトから求人情報を探して自分で応募する方法です。

会員登録しなくても求人情報を見ることができます。まずはどのような企業が募集をしているのか見てみると良いでしょう。

ただし、転職サイトだと「非公開求人」にはアクセスできません。

良い条件で転職したい場合は次に述べる転職エージェントを通じた転職活動をする必要があります。

方法②転職エージェントを通じて企業に応募する。

転職エージェントは、企業との間に入って転職活動をサポートしてくれます。

しかも、転職活動をする人にとっては無料です。理由は転職先の企業が紹介料を転職エージェントに支払うからです。

新卒半年での転職活動の場合は転職エージェントを通じての方法をおすすめします。
理由は2つ。

1つ目は転職エージェントが転職をサポートしてくれるから。

ただでさえ不安な第二新卒としての転職活動。
転職エージェントは企業との間に入って推薦状を付けて応募手続きをしてくれます。

また、書類の書き方から面接指導までサポートしてくれますし、面接日程の調整など細かい手続きはすべてお任せできます。

2つ目は条件の良い未公開求人にも応募できるから。

転職サイトには掲載されない優良求人情報は転職エージェントにしか情報がありません。
せっかく転職するのなら、良い条件の企業に応募したいですよね。

転職するか迷っている人も早めに転職エージェントに登録しておく

旅行中の女性

転職エージェントは「転職したほうが良いのか」という相談にも乗ってくれます。担当者との面談が難しい地方に住んでいる人は電話でも相談が可能です。

転職活動を本格的に始める前に転職エージェントに登録しておく方が良いです。

なぜなら、今務めている会社を本気で辞めたいほど追い込まれたときに転職活動を始めても、転職先が決まるまで半年以上かかってしまうことがあるからです。

あらかじめ転職エージェントに登録しておいて担当者に相談していればずっとスムーズに転職活動が進みます。

転職したい、と思ったときにすぐに動けるように登録しておくのがベストです。

新卒入社して半年で転職するなら。おすすめの転職エージェント

転職エージェントは星の数ほどありますが、新卒半年で転職するなら若手に強い転職エージェントに登録すべきです。おすすめの転職エージェントをご紹介します。

マイナビ20’s



ポイント
■すべての求人1,500件以上が20代対象
■登録者の85%以上が社会人経験3年以内
■書類や面接の手厚いサポート

新卒の時にもマイナビを利用していた方は多いのではないでしょうか。
マイナビは新卒採用で培った企業とのパイプがあるので20代、第二新卒の転職に強いです。
「転職する必要が本当にあるのか」という点から相談に乗ってくれます。
まず登録してみるならマイナビを押さえておいたら間違いありません。

マイナビジョブ20’sで相談してみる

20代の転職相談所



ポイント
■大手・上場企業の募集が多く、5,000件を超える正社員求人あり
■転職相談所の名前の通り、気軽な相談から可能
■コンテンツが充実しているので目を通す価値あり

その名の通り、20代のための転職相談ができる転職エージェントです。

会員登録しなくても見ることができるWebサイト内のコンテンツが充実しており、2019年4月入社した人の早期離職の相談ページもあります。

「第二新卒の図書室」というコンテンツはわかりやすく、20代の転職について専門に書かれているので非常に参考になります。

転職エージェントではありますが、一度は目を通しておくべきサイトとも言えます。

20代の転職相談所 公式HPを見てみる

DYM就職



ポイント
■書類選考なしで面接できる
■相談からの就職率は96%、5,000人の転職実績

採用担当者や社長と直接交渉できるため、書類選考なしで面接まで進むことができます。

相談者の96%が就職できたという実績から、非常に手厚くサポートが得られることがわかります。転職できるまでしっかりサポートを受けたいという人に向いています。

DYM就職に相談してみる

第二新卒エージェントneo



ポイント
■15,000人の転職実績
■離職率の高いブラック企業はあらかじめ選択肢から排除してくれる

転職先もブラック企業だったらどうしよう…という不安なく転職活動ができるのが第二新卒エージェントneoです。

担当者が実際に足を運んで企業の実態を調査し、ブラック企業の求人は取り扱っていません。内定後のアフターフォローも手厚いです。

第二新卒エージェントneoに相談してみる

新卒入社半年で退職したいのは甘え?転職できる? まとめ

入社して半年で辞めるのは甘えではありません。
むしろ現状維持の方が楽ですから甘えです。

1年いても3年いても転職市場でのあなたの価値はあまり変わりません。

転職エージェントを上手に使って転職してあなたに合う職場でしっかり働く方が、貴重な20代を無駄にせずに済みます。

辛くなっていますぐ辞めたい状態になる前に転職エージェントに登録しておきましょう。

転職活動を始めて半年以上次の職場が決まらないこともあるので、転職したくなった時にすぐに行動できるように準備しておくことが重要です。

あなたが後悔しない選択ができますように。頑張ってください。

第二新卒の可能性は、無限。

社会人6年目で転職した私は、後悔しました。

もっと早く、行動しておくんだったと。

20代の貴重な時間を、楽な方に流されて毎日ただ会社に行っていた。

もっと早くやりたい仕事に就いていれば、経験を積めたのに。

人手不足の今、第二新卒の転職先は無限にあります。

どうか、後悔しない会社員生活を。

転職活動、まずは情報集めから。

dodaは大手転職サイト&エージェント。

寝る前や通勤中5分だけ、dodaを眺める習慣を。

なんとなく、転職活動のことがわかってきます。

\人生を変えるなら今!/

dodaで情報収集を始める