女性の転職悩み

夫の転職に反対!!「嫁ブロック」を成功させる説得方法!

どうにか旦那の転職をやめさせたい。

妻が夫の転職に待ったをかけることを通称「嫁ブロック」と呼びます。
私も主婦なので世の奥様の気持ち、わかります。

そして転職の経験もあるので、転職をしたい旦那さん側の気持ちもわかります。

転職をしない、というのも立派な選択の1つであることを旦那さんにきちんとわかってもらえる説得方法をご紹介します。



嫁ブロック、実は4割以上が成功している

下の図は嫁ブロックを受けた男性のうち内定を辞退した男性の割合です。

enジャパンより筆者作成

エン・ジャパンの調査によると、35歳以上の男性の44%が嫁ブロックによって転職先の内定辞退をした経験があると答えています。内定をもらった後での辞退が44%ですから、転職活動中に転職を断念する男性はもっと多いはずです。

そして嫁ブロックで内定辞退をしただんなさんの6割が「内定辞退してよかった」と答えています。妻の冷静な目線は旦那さんにとっても参考になるものです。

このように、嫁ブロックの威力はかなり強力で、夫が転職を思いとどまってくれる可能性は低くないことがわかります。

転職してほしくない理由をはっきりさせる

まずは、あなたがなぜ夫の転職に反対なのかはっきりさせましょう。
理由もないのに反対されては夫だって反抗したくなります。

よくある転職反対の理由を4つご紹介します。

夫が転職してほしくない理由①給料が下がるから

積みあがったコイン

一番多い夫の転職反対理由がお給料の問題。

女性の活躍が進んできたとは言え、女性は出産・子育てなどのライブイベントがあるので、一家の家計は旦那さんにかかっている家庭は少なくありません。

これから子供が成長していくに連れて教育費も多くなっていきます。そんな中でお給料が減ると見込まれる転職を応援する気持ちにはどうしてもならないですよね。また、当面の年収だけでなく退職金の金額も要チェックです。実質の生涯年収で考えておくべきです。

年収が減って現状の生活水準を守り、貯蓄をしようと思うと奥さんへの負担が大きくなりがち。

例えば、夫の年収が50万円減った場合。3割は税金で取られるので手取りで年間35万円減ることになります。

1ヶ月あたり約3万円です。

奥さんが働きに出るか、食事の管理を担当していることの多い奥さんが、外食・加工品の購入をやめて食費を抑えるなどの工夫が必要になってきます。

夫が転職してほしくない理由②家族との時間を取れなくなるから

夫の転職先が忙しかったり、勤務地が遠かったりすると今までよりも家族で過ごす時間が減ってしまいます。

特に、転職先の仕事の忙しさは、実際に働いてみないとわからないことが多いです。
残業が増えたり休日出勤を強いられる会社かもしれません。

家族との時間を大切にしてほしいという妻の立場からすれば、不確定要素がある以上は現状維持の方が良いですよね。



夫が転職してほしくない理由③ネームバリューのない会社だから

今務めている会社よりもネームバリューのない会社に転職する場合、妻が不安に思うのは当然のことです。
給料が下がったり、福利厚生の条件がよくなかったりと生活水準が下がってしまう可能性があるからです。

また、正直なところママ友との間でも有名な企業に勤めている夫がいるのは鼻が高いものです。
妻の両親からの印象も良くなくなるのも気になるところです。

夫が転職してほしくない理由④引っ越しが必要な転職だから

引っ越しを伴うと近所の人との付き合いが1からスタート。
周りの人とうまくやっていけるか不安になるのは当然のこと。
お子さんがいる場合はなおさら、どの学区が良いのか調べて住む場所を決めたり、転校の手続きをしたりと非常に大変です。
転校した後に学校に馴染めているのかという心配もしなくてはなりません。

夫の転職活動段階別!喧嘩にならず転職をやめさせる説得方法

 

自分がなぜ、夫に転職をやめてもらいたいのかわかったら、次はどうやって伝えるかです。
転職活動の状況別に説得方法を解説します。

ケンカにならない転職阻止①転職活動を始める前の場合

コーヒーとペンと紙

転職活動を始める前の段階であれば「もう少し考えたら」作戦です。

旦那さんは何らかの理由で転職活動をしたい気持ちが高まっている状態です。
今の会社で何か失敗してしまったとか、嫌な部署に配属されてしまったとか、
何か理由があるはずです。

その理由を聞いてあげてください。そして、
「今の状態不満なのはわかった。でもあなたならできると思うからもう少し頑張ってみたら」
などと伝えてみてください。

転職活動を始めるのにはかなりエネルギーが必要です。

「もう少し考えたら」

と、転職したい熱を少し冷ましてあげたら転職したい熱も冷めて今の会社で頑張ってくれるでしょう。

ケンカにならない転職阻止②夫が転職活動中の場合

転職活動を始めてしまっている場合、旦那さんは「何としても転職しなくては!」という気持ちになっています。

私も転職活動をした経験がありますが、転職活動を始めると他の会社がどれも良く思えてきて、「絶対転職する!!」と気持ちが焦ってしまいます。
そこで奥さんは「本当に転職する必要があるの?」と聞いてみてください。

転職活動を始めたきっかけは人それぞれですが、今の会社でも解決できる問題は多いはずです。
奥さんの冷静な一言は、旦那さんが転職の理由を良く考え直し、思いとどまるきっかけになるはずです。

ケンカにならない転職阻止③転職先が決まっている場合

握手をする手

既に内定が出て転職先が決まっている場合です。
まず、旦那さんが今の会社に早まって退職願いを出さないようにくぎを刺すこと。
退職することになってしまったら転職することを認めざるを得なくなってしまいます。

そして、自分が転職先について不安なこと、不満なことをしっかり旦那さんに伝えます。
旦那さんは内定をくれた会社の良くない部分が見えてない可能性があるので、代わりに離職率や年収、口コミなどで転職先のことをしっかり調査して、転職に反対できそうな材料を見つけてください。

とにかく、旦那さんを冷静な状態に戻して今の会社と内定をもらったの会社どちらが家族にとって良い選択か考えてもらいましょう。

夫の転職が本当に悪いことか、冷静に判断する

旦那さんがどうしてもやりたいことがあって転職したがっているのであれば、本当なら一番傍にいる妻は応援してあげたいですよね。
とにかく転職は反対!!とならずも奥さんも冷静に考えてみてください。

自分も稼ぐことを選択肢に

お給料が減ることが心配なのであれば自分が稼ぐこと、稼ぎを増やすことを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。今は在宅でできる仕事もたくさんあります。

私も副業でクラウドワークスで月5万円ほど稼いでいます。スキル不要のデータ入力や物品の発送のお仕事、ライターのお仕事など幅広く募集があります。

クラウドワークスの詳細

リスクは0ですし、クラウドワークスは上場企業なので怪しい仕事でもありません。
隙間時間を有効に活用して稼ぎを増やして旦那さんを応援する、という選択肢もあります。

夫の転職をやめさせる嫁ブロック成功のための説得方法まとめ

ポイントは旦那様を冷静な状態に戻してあげることです。

「もう少し考えてみたら」と時間をかけて考えるように促したり、
「本当に転職をする必要があるの?」と今の会社でできることではないのかと聞いてみたりしましょう。

奥さんからの反対で44%の旦那さんが内定を辞退しています。
内定をもらう前に転職をあきらめている旦那さんはかなりいるはずです。
それだけ、奥さんの意見は重要ということ。

夫婦の一生を左右することにもなる夫の転職。納得できる話し合いができますように。

今、面接が決まってる会社で満足ですか?

もっとあなたが活躍できる会社に出会えるかもしれません。

転職エージェントには、未公開の求人がたくさんあります。

dodaなら、非公開求人を含む10万件もの求人から、あなたにぴったりな会社を無料で紹介。

良い求人は、すぐ埋まります。

後悔のない転職活動を。

doda公式サイトへ