女性の転職悩み

女性が地元に戻る転職は成功しやすい!Uターン転職の実態と方法を解説

地元に戻って暮らしたい。

じつは、転職希望者のうち、このように思っている人は70%。
そして、女性はUターン転職が上手くいきやすいです。

女性が上手くUターン転職を進める方法や、Uターン転職の実態を紹介します。

地元へ転職、他の人はどうしている?

Uターン転職をしたい、と考えている人はどのくらいいるのでしょうか。

Uターン転職したい人の割合は70%

転職会議のアンケート調査によると、地方出身の男女が地元を転職先として検討した人の割合は70%でした。
Uターン 転職 割合

参考:転職会議

ワークライフバランスがとりやすく、地方の良さが見直されている近年、地元に戻ることを検討する人は多いです。

しかし、実際にUターン転職する人の割合は14%にとどまっています。

希望する職種がなかったり、年収が下がったりすることが理由です。

実際にUターンした人の生活満足度は高い

Uターン転職に成功した人のうち、仕事を含めた生活全般の満足度は、普通~満足の人が70%です。

地元に戻ると、両親の近くに住むことができたり、地元の友人と会えたりすることや、支出が抑えられることなど、生活の満足度が高くなります。

マイナビが行った、「マイナビ転職 Uターン転職に関する実態調査」では、Uターン転職して満足していることで最も多くの人が選んだのが「両親が喜んだこと」です。

両親にとっては、高齢になってきて、介護の不安もあるときに子供が近くに住んでいると安心ですよね。また、孫の顔をすぐに見ることができる、というメリットもあります。

余暇の時間が充実した、を選択した人も33%です。

地方の方が通勤時間が短いですし、仕事の忙しさも緩和されてのんびりできることが多いようです。

私も地方で働いた経験がありますが、都内に勤めているときよりも趣味に充てられる時間は平日でも3時間はありました。

給料は多少下がっても、満足できる生活を送ることができるのが、Uターン転職のメリットと言えます。

女性が地元に戻る転職はスムーズにいきやすい

Uターン転職をしたい女性は、企業にとっても貴重な存在。採用したいと考えている企業は多いです。

理由は2つあります。

地元に戻る転職がスムーズにいく理由①辞めなさそうだから

企業にとって、採用する一番の決め手といってもいいのが、「辞めなさそうか」です。

長く働いてくれる人材は、企業にとって魅力的。

地元に戻ってくる女性は、実家が近くにあり、辞めなさそうだと企業は考えます。
結婚・出産・子育てという女性が辞めてしまう要因も、地元だと実家の助けを得ながら乗り越えられます。

地元に戻る転職がスムーズにいく理由②地元で働きたい、は企業が納得できる理由だから

なぜ、転職することにしたのか?企業は転職理由をとても知りたがります。

何かにつけ文句をつける困ったちゃんを雇いたくないからです。

「地元に戻って働きたいから」は企業としても安心できる転職理由です。

地元が好きだったら、長く働いてくれそうだ、と好印象を与えることができます。

地元に戻りたい人が転職で考えておくべきこと

Uターン転職はメリットも多いですが、覚悟しておくべきこともあります。

転職先を考えるにあたって2つのことを頭に入れておきましょう。

地元への転職は給料が下がることが多い

都市部の方が給料が高いです。思っていたよりも給料が低い仕事しか見つからない、ということも考えておきましょう。

リクナビネクストによると、関東の平均年収を100としたら東海は96、関西は93、九州は78です。

転職先を探していても、希望年収の仕事が見つからない!ということも覚悟しておくことが大切です。

ただし、地元の方が物価や家賃が安いのでカバーすることは十分可能。
年収の絶対額が減っても手取りは変わらないので、生活水準を下げる必要はないです。

せっかく転職するのに、年収が下がるのはイヤだな、と感じるのは普通のことです。
でも、生活満足度トータルで考えると、年収以上に得るものもありますよ。

希望の仕事が見つからない

関東では希望職種の転職先は山ほど見つかったのに、地元にはほとんどない。ということもあり得ます。
今までの経験を生かした仕事をしたい、という気持ちが強すぎると、なかなか転職先に巡り合えないかもしれません。

「未経験歓迎」の仕事にも目を向けて選択肢を増やしてみて。

地元への転職は事前の情報収集が大事!

希望の年収・仕事が見つからない可能性もあるのが地元への転職です。
退職してから仕事を探す場合、焦って本当は希望しない仕事に就いてしまうこともあり得ます。

地元への転職を考え始めたら、どんな仕事が年収いくらで募集されているのか、情報収集を事前にしておくことがとっても大切です。

Uターン転職のやり方は?

スケジュール帳

まだそこまで急いで転職したいわけではないけど情報収集だけはしておこうかな、という人におすすめなのは、「とりあえず転職サイトに登録して求人情報をチェックする」ことです。

スマホで毎日5分くらい見ていれば、どんな求人があるのか、年収はいくらくらいなのか、なんとなくわかるようになります。

とりあえず転職サイトに登録するならリクナビネクストがおすすめ。
日本最大手の転職サイトなので、地方の転職先も多数掲載されているからです。

登録もスマホで5分あればできるので、とりあえず登録してみましょう。

リクナビネクストに無料登録してみる

 

本気でUターン転職したい人向けなのは、リクルートエージェントです。
リクルートエージェントはリクナビネクストとも連携しており、地方の求人が多いです。

登録すると無料で、転職のプロから以下のような転職サポートを受けられます。

・転職先の提案
・日程調整
・応募書類や面接の指導

特に、地元が遠い場合、面接会場までの移動費用がかかります。
仕事を続けながら転職活動をしている場合は有休を使う必要もあります。

転職エージェントは、面接の日程を上手く調整してくれて、1度に複数の面接を受けられるようにしてくれます。自分で日程調整をするのはとても大変なので転職エージェントを利用してください。

リクルートエージェントに無料登録してみる

転職サイトと転職エージェントを上手く使って、Uターン転職を成功させてくださいね。

今、面接が決まってる会社で満足ですか?

もっとあなたが活躍できる会社に出会えるかもしれません。

転職エージェントには、未公開の求人がたくさんあります。

dodaなら、非公開求人を含む10万件もの求人から、あなたにぴったりな会社を無料で紹介。

良い求人は、すぐ埋まります。

後悔のない転職活動を。

doda公式サイトへ